TOP
りょうせい

ウラプロ/ひつじ界の王子様

りょうせい

おはもにはっぴー!!!ξ・ﻌ・๑ҘURAGAWAPROJECTのりょうせいです!!キミの今日が輝くように声に出して歌いたい。今日もはっぴーな1日になるといいなぁ☺たっくさん寝たから気分はるんるん(^^♪ひつじ界の王子様とお話ししよ?

東京 ご予約ひとり450秒まで
出演待ち
次回の出演までしばらくお待ちください
URAGAWAPROJECT
URAGAWAPROJECT
りょうせい 公式Twitter
実施率
waiting..
2018年11月08日 開始
第40話です。
今回はハロウィンのイベントの様子です。
いつもより大きな会場が続いた4日間でしたね。
今年は毎日衣装を変えて、4日間頑張りました〜
途中から、りょう君がカメラ撮ってるんですが
いつもより、メンバーの話し方が違う感じで
リラックスしてていいなと思いました。
続けて第39話です。
まだ38話も見ていない人もいるかと思うんですが多分、横山さん(監督&編集&撮影)の人が時間に余裕があるんだと思います。
さてさて、URAGAWAPROJECTですが
7月から単独定期公演をはじめて、100人呼ぶことを目標に毎週やって来ていましたが、なんとなく毎週5〜60人呼べるようになり(それはそれで毎週のことなんで本当にありがたいことなのですが)メンバーにもスタッフにも、何となく人気出て来たんじゃないか?感が
ぷんぷん臭って来たので

おい、お前らはいつになったら100人集めるんだ??というミィーティングを行い、年内にたります!などとぬるいことを言っていたので
10月に残り2回もあるんやから
なんとかそこで呼ぼうとしないと12月までぬるぬるとこのぬるま湯状態を続けるつもりか!
やろうとしないと結果なんて出ないよ!でないぜ〜でないぜよ〜
ということで、またメンバーは10月中に100人達成を約束させられ
新たな目標に向かうことになりました
わたし的には11月1日の木曜にホリデイを抑えていたので
10月中に88人は達成してもらって
11月の頭に、じゃぁもう一回チャンスを与えよう〜
その代わり無料でいいから意地でも呼べよ!
はい!
という流れで考えていたのと100人行ってなくても
74人でした〜来週は頑張ります〜
って宣伝できると、
へ?URAPROってそんな呼べるの??(困惑)と思ってもらえると
ライブでTOPバッターとか持ち時間10分とかそういうのはなくなるだろうな〜という
こすい戦略のもと
100人まで毎回動員を晒して行くことで
アピールしていこうと思っていたのですが
お客さんがめっちゃ頑張ってくれて
1週目で達成いたしました。
ありがとうございます。
そんな感じの10月の定期公演の様子です。
第37話です。
LINELIVEの予選から始まり、メンバー3名活動休止中に迎えた
MenDressfleshの予選会を堂々1位で通過した
URAGAWAPROJECTが挑む、品川ステラボールのイベントの模様です。
本番前にMCの打ち合わせをしないことに苛立つジュラン
持ち前の薄っぺらい言葉で励ます、けんと

ステージが終わり、達成感を感じるりょうせい
客観的に見て、お遊戯会だと反省するひなた
そうそうと、頷く遅刻常習犯のりゅうま(お前が頷くなと激しく思う)

と色々な表情や色々な気持ちが入り混じる回になっていますね!
同じことを経験しても、違う感情になり
違う経験になるという感じでドキュメンタリーな感じですね。

13人も若い男の子がいるんで考え方も違うだろうし、真剣さも違うと思います。

私的にはたくさんのお客さんが協力してくれて
立たせてもらった、ステラボールだと思っております。

山内くんが言っていたように今度は
URAGAWAだけでパンパンにして
ここに戻ってこれるようにしたいなと思ったし

お客さんばかりに頑張ってもらっているのでそろそろ
メンバーももう一段上見て
気合い入れて活動してほしいなと思う
今日この頃です。
第36話です。
今回は、URAGAWAPROJECT第4弾ユニット(ハーコーボーイズが先に出てるので第5弾なんじゃないかと個人的には思いますが)
のお披露目の様子です。
「じゃないっ子どうぶつ」は元々
マジックやコココレがビュンビュンライブ出てる時から構想があり
コココレが学校やバイトの関係でなかなかスケジュールが合わない(レッスンも含めて)という問題があり
動きやすい(暇人)の子を集めて
レッスンして、対バンにも出てっていうグループを結成しようと考えていました。
まさたか(黒ひょー担当)が入っていないのは
当時、黒豹からはMMKとしてやりたいという謎の申し出があり
それじゃぁMMKでという流れだったのですが
ちょうどその頃、さようならマジック問題があり
せっかく準備してたのに〜
なんやねん。もう〜みたいな時期を私個人的には乗り越え
集客を落とすことなく、なんとかデビューまでこぎつけたユニットです。
選抜メンバーです!みたいな見え方をしてるかもしれないし
イキリかたをしてるかもしれないですが
暇な子が集まったユニットです。
りょうせいとひなたは、腐っても1年以上の経験があり
今では考えられないくらい、完全アウエーのライブを3ヶ月以上続けてたり夏休み中は毎日6時間くらいレッスンしてたり
1ヶ月以上、めんつゆチャレンジをしたりと
私の中で鍛えに鍛えて来たメンバーなのと、こうへいはこの頃には
お客さんにも認知されだしたのと、コココレとしてステージに何度も立ってるのであまり緊張とかはしてないと思うんですが
旧ストリート(本当の暇人4人)に関しては
そもそも数えるほどしか対バンに出たこともなければ
対バンに出ていてもマジックやコココレがいたので
本当に渋い経験もあまりなく
ステージ経験もそんなにないので、ゲロ吐きそうな顔で待機してるメンバーがいたりとメンバー内でのキャリアの違いが出てる頃だと思います。
黒歴史になるくらい人気になるパフォーマンスをできるように日々頑張って欲しいなと思っています。
第34話です。
今回はりょうせい生誕祭の特集です。
最近UPされるペースが早いですね!横山さん!(ヒゲのカメラの人)いいですね〜
さて、URAGAWAPROJECTは無謀にも毎週単独定期公演を7月から始めたわけですが、その頃の対バン集客が良くて10人くらいなので
まぁ本当に一つのチャレンジだったわけですが
ありがたいことに、毎回50人くらいきてくれて(一番少なかった時で30人くらい)最近では70人以上のお客さんが来てくれるようになっております。
そんな8月にりょうせいの生誕祭の予定を組まなくてはいけないようなタイミングになり、9月から3人がいなくなるのでお客さんが減ることも見越しながら、元mento-youメンバーの初めての生誕祭ということもあり、思い切って誕生日当日にライブハウスを抑え
しっかりした生誕祭を組もうと考えておりました。
記者)何も考えてないっぽいですが、樽井さんも色々と考え事をしてるんですね!
たる)あ、はい
そんなURAGAWAがありながら迎えた
URAGAWAPROJECTとしては初のしっかりした生誕祭には約80人のお客さんが集まってくれて

本人(りょうせい)もおじいちゃんも大喜びの生誕祭になったんじゃないかなと思います。

最近のりょうせい君しか知らない人(メンバーも含む)に伝えたいことは
りょうせいもひなたも初めからお客さんがいたわけではなく
特にりょうせいは、レッスンの度に大野くんて子と一緒に怒られ
ステージに立っても誰にも相手にされず
物販でも誰もお客さんが来ない日々が結構続いていました。
りょうせいは人気あるから〜
とか、今のメンバーは言いがちですが
多分一番お客さんがつくのが遅かったのがりょうせいだったと記憶しています。
めんつゆ自体も5ヶ月くらいは、目当てのお客さんは2、3人だったし物販もチェキ1台とフィルム30枚くらい持って行けば
何も問題ないグループだったんですよ。と回想しています。
ひなたは僕に一番反発してきたし言うことも聞かなかった子ですが
その反面、山内君は僕が言ったことは全部やる子で
めんつゆチャレンジをしたあたりから
山内が女の子と積極的に話をして物販でもお客さんがたくさん来るようになって行った日々を思い出します。
人気がなかった子が人気になっていく瞬間というのはものすごく気持ちがいいもので、山内もひなたもそうですが
どんどん調子に乗っていき
またつまずき、また成長し、調子に乗り、またつまずきを繰り返してる最中だと思いますが
彼らの成長する姿を間近で見れることができて、すごく嬉しく感じています。
もちろんまだまだのところもたくさんありますが
彼らなりに色々な葛藤を乗り越えて
活動してることを見ているので、これからもどんどん壁にぶつかり
一緒に悩み乗り越えていけたらいいなと思いながら
長い紹介文を書いてしまいました。
URAGAWAPROJECTのメンバー全員そうですが
今の結果、今ある結果というのは3ヶ月前の自分の写し鏡だと思うので今結果が出ていなくても、今歯を食いしばって頑張っていれば
必ず結果はついて来るし
13人で結果を出し続ければ他のユニットでは到達できないところまで上り詰めれると考えています。
お誕生日おめでとうございました。
第29話
URAGAWAPROJECTが10人体制(旧マジック謹慎中)(脇くんこっそり脱退)となり初のライブが初のTV収録ライブで
周りにはいつも一緒にやってるようなアイドルがいないライブに参加した9月1日のお話です。
定期公演を始めたのが7月で、8月にメンズパニックがあり
マジックのゴトゴタがあり、それでもメンバーには話してた通り
当初の予定通り、8月にお客さんを増やして9月は勝負かけて行くんだよって計画の中
結果を出さないといけないライブが続いて行く
URAGAWAPROJECTのお話です。
9月のこの1ヶ月で(まだ終わってないですが)メンバーは色々と経験しています。
これからもどんどんいろんな場面で挑戦して行きたいと思っています。
第27話です
メンズパニックの1日目にマイスタさんの企画で
ネット投票制のライブで勝ち上がり
見事に、2日目も出演できることになりました。
1日目、2日目と2日間出て見て思ったのが
2日目に出れたこと、2日目そこの場所にいれたことが
URAGAWAPROJECTにとってすごく大きな財産になったなという感想です。
2日目はもともと予定していなかったので、URAGAWAPROJECTのお客さんはあまりいなかったのですが(1日目もそもそも出る予定がなかったのであまりいなかったですが、そもそも定期公演以外はそんなにお客さんを呼べるわけではないのでそんなにいないのですが)
それでも、たくさんのお客さんが見てくれて
朝から、フライヤー配りしたこともあり
ここキッカケでかなりお客さんが増えた印象があります。
メンバーも普段、見たことがないようなシーンを代表する出演者さんと一緒の空間にいれたことや
そのステージを見たこと
挨拶や振る舞いを見たことが彼らにとって
すごく財産になったと思っています。
来年は予選とかなく普通に出たいな〜
普通に呼ばれるくらいになりたいな〜
と思っています。
第19話です。
デュエルネオン(1/52/5)の回見たいですね〜
あ〜なんかこんなこと会ったな〜と、すごく昔のように感じたりしますね。ケント君は顔がまん丸だな〜とか思いながら見ていました。
りょうせいとこうへいは色んなことを思いながら
ケントやひなたもいろいろ思いながらやってるんだな〜とも思ったりしました。
第18話は、URAGAWAココにコレデビューライブです。
まだ、たんたんが入っていない4人バージョンですが
一人一人、経験や年齢が違うので緊張の仕方も違うし
面白い映像だなと思いました。
昨日あたりのライブに比べたら、こうへいとかはすごく上手くなったなぁと思ったりしながら見ていました。ぷしゅっ!

とはいえ、コココレがデビューから1月
本気ックですら2月しか経ってないんだな〜と思いました。

4月から毎日のようにメンバーにあってるので6ヶ月くらい経ってるようなイメージです。

7月17日は、URAGAWAPROJECTとしての
単独定期公演が始まります

8月からは毎週、単独定期公演が始まります。

デュエルネオンまでが第1章
それ以降は第2章って感じなのかなと私は思ってます。
第15話です。
第15話は初めてのURAGAWAチャレンジ編です。
これを始める前の登録者が確か、70人くらいで
今日現在が752人!(2018/6/25)
まだステージに立ってない子を中心に頑張っています。
簡単に頑張ってますと書くと
頑張ってるんだな〜と、ぼやっと思うかもですが
短い時で5時間、長い時で9時間
ずっとやってます。
断られ、睨まれ、舌打ちされ、ぷ。アイドルだってキッモって言われ
ユーチューバーでしょ?ってコソコソ言われながら
頑張っています。
10回くらい連続で断られると、負のオーラを発揮しだして
全く声をかけれなくなるような子達が今750人のフォロワーを集めています。まだデビューしてない子達なのでそんなに取り上げてないですが、すごくよくやってくれてると思います。
彼らは今、新しい取り組みに向けて動き出そうとしてますので
それはまた別のお話で紹介できればと思います。

冒頭のヘラヘラハグするシーンとかは
イケテナイ大学生が必死でやってる感が出てて
ものすごく寒いシーンだなと思いながら見てましたが
同じく、今では少し垢抜けたりょうせい君のように
1年後にこの動画見て
やめてくれ〜ってなるんだろうな〜と
りょうせい君の成長を見ながら
思った動画でした。

PS元mento-youというグループ出身の、ひなた、りょうせい、たんたんはこれでフォロワー1000人達成しないと解散するという
謎のルールで去年1ヶ月くらい毎日のようにしていて

最近聞くと
めっちゃ嫌だったけど、あれがあったから結構なんでも話せるようになったし自信がついたと
口々に言うので
また初めてしまった感じです。
第13話は、URAGAWAPROJECT2個目のユニットストーリーです。
そして、いよいよ脱退者が出てしまいます〜
別れがあれば出会いがある
今回からジュランとゆうとが仲間入り
果たしてURAGAWAPROJECTはどうなっていくのでしょうか?
お楽しみに〜
URAGAWAココにコレ
メンバー紹介
元mento-youのダシデジルことりょうせいくんです。
彼と出会ったのが確か2年前くらいだったのですが
初めて見た時のことを覚えていますが
あ〜このこはモテるだろうな〜ってのが感想です。
わかげのいたり感がすごくて、悪くいうとすごくイキってたんで
モテるだろうな〜と思いました。
mento-youに入ってからは、すごくダメな部分が多くてステージで出しきれない部分が多く、毎回注意されていました(いまのURAGAWAの怒られてる子以上に怒っていたと思います、なぜならカメラがなかったから)ただ、予想外だったのがすごく優しいやつで
たんたんといつも一緒に行動したり、そういう意味では
多分、このイキってる感じと実は優しいやつのギャップが気づかれたら絶対人気出るかなとも思っていました。
めんつゆチャレンジやブログの更新など一番頑張っていたのも彼だと思います。
僕からするとすごくいい子で、いうことを聞くやつなんですが
その反面、優等生な一面以外も出せないと魅力が止まってしまうのではないかとも思っていましたが
今回のURAGAWAPROJECTではチームメートの意識が低く、まとまらない感じや、同じグループだったひなたが先にデビューが決まる感じなどで、モヤモヤした気持ちを持ちながら
どんどん追い詰められて行って
素顔っぽいのも垣間見えたりして
成長してくれてるんじゃないのかなと見ています。
そんな、ダシ君もやっとデビューが決まりました。
応援よろしくお願いいたします。
会員登録(無料) ログイン
簡単60秒の無料登録
会員登録 ログイン
アイドル芸能人からの電話を受けるために、
あなたの電話番号を設定してください。
電話番号を設定する
+ 会員情報をお忘れの方 ログインID / パスワード
+ お忘れの方 ログインID / パスワード
ご利用規約 に同意のうえ、お進みください。
ご利用規約 に同意のうえ、お進みください。